墓じまい

墓じまいをする為に必要な事

お墓

近年の少子高齢化に伴い、墓参りをする人の減少が進んできており、それにより墓じまいも増加してきております。墓じまいとは、親族が墓参りに行く事が困難になってきたり、親族で墓参りに行く人がいなくなった等の場合に、その墓の管理者や近親者が行います。ただこの墓じまいは「墓地埋葬法」と言う法律で定められた手続きが必要です。
一番重要な事は、お墓の中に埋葬されている遺骨をどうするかと言う事です。基本的には墓じまいをする理由が「墓守がいなくなってしまう」事が理由ですので、その後の遺骨の管理費や維持費の掛からない方法を取る事が必要であると考えます。昨年の墓じまい後の遺骨の行き先としては、公営墓地への改葬合祀、散骨、菩提寺での永代供養、納骨堂、手元供養となっております。
次に気を付けておく必要があるのが、親戚同士の争いで、特に祭祀継承権の確認はきちんと親族の間で相談の上決めておく事が必要です。更にお寺や霊園にはきちんと墓じまいする旨を伝える事も重要で、お寺や霊園に対しての費用が発生してしまう事も有りますので、とにかく事前に伝える事が必要です。その他としては改葬許可申請や、墓の撤去業者の選定、取り出された遺骨のメンテ、墓地を撤去し更地に戻す等々を抜かりなく行い、墓じまいを終える事が出来ます。

お墓を受け継ぐ人がいない場合の墓じまい

少子高齢化などで自分達の代でお墓を受け継ぐ人がいなくなることがわかっている場合はお墓が無縁になってしまいます。ある一定期間を過ぎると撤去されてしまうので今のうちに墓じまいを考えている人が増加しています。永代供養墓なら受け継ぐ人がいなくても寺院や墓地の管理者が永代にわたり供養してくれます。また菩提寺の本山に合祀型の永代供養墓もありますから無縁仏にならないためにも墓じまいは責任のある選択と言えます。
まず納骨されているお骨をどこへ納めるのかを決めます。次に菩提寺へ墓じまいの意志を伝えます。しかし菩提寺にとって檀家が離れていくのは望ましいことではありませんから丁寧に勧めていくことが重要です。大切な先祖の遺骨を動かすのですからスムーズにトラブルのないように行いたいものです。墓石の撤去の業者を決め閉眼供養を住職と石材店にお願いします。改葬許可書など必要な書類があるのでお寺や霊園・市町村の役場で確認が必要です。
また遺骨引渡許可証が墓じまい後に必要になる場合があるのでこちらも合わせて市町村の役場で確認することが大切です。閉眼法要をして遺骨を取り出したら状態を確認しておきます。その後改葬申請書の所定の欄の「遺骨の埋蔵証明欄」に記入・捺印をもらいます。

意外と高額な墓じまいに必要な経費

お墓を守り続けることの出来ない状況に陥っている人が年々増えているようです。このような場合、ただ放置するのではなく『墓じまい』という方法があることをご存知でしょうか。墓じまいとは、今あるお墓を撤去して遺骨を他の墓地に移転したり、永代供養墓地に移動させることです。
しかし、″墓じまい″には多くの手続きと、多額の費用がかかります。まず、墓地の管理者へ″墓じまい″の届け出をします。新しくうつす墓地や墓石の準備をして、移す先にも届け出をする必要があるようです。この際、新しい墓地・墓石を購入するとなれば費用が発生します。
またお墓から遺骨を取り出す際に″閉眼供養″をする必要があり、僧侶に渡すお布施は1~5万円程度とされています。遺骨を移す場合にお寺へ渡す″離檀料″がありますが、相場は10~20万とされているようです。さらにお墓を更地にして返す必要がありますので、条件によって費用は違うかもしれませんが、この費用も1㎡あたり10万円~20万円ほどの相場のようです。
行政への手続きm必要で、ご自身でスムーズに行えればよいのですが、行政書士などに依頼する場合は、おおよそ10~30万かかるともいわれています。このように″墓じまい″するにあたって多くの費用が発生します。お墓を放置することは悲しいことですが、″墓じまい″を選ぶ際には十分な話し合いと、資金の準備が必要ですね。

墓じまいの利点と注意点

お墓を解体する墓じまいを行う方も、最近では増えています。墓じまいの利点と注意点について考えていきましょう。手入れをする人がいないと、墓は荒れ果ててしまいます。墓じまいの最大の利点は、無縁墓になるのを防げるということです。最近では、お墓以外の供養も増えてきました。管理料を必要としない、樹木葬や手元供養も可能なです。 年齢によってお墓参りができなくなった人でも、好きな形で供養することができます。今後のことを心配しなくてよくなる、というのが墓じまい良いところです。ただ、墓じまいには様々な手順が必要になります。他にも、菩提寺や親族への説明など、やることは多いです。トラブルが発生してしまうこともあるので、注意も必要です。 様々な手続きもいるので、事前に調べておきましょう。また、墓じまいにはお金がかかります。お墓を解体する業者の費用や離檀料など、全部合わせるとかなりの費用になることがあります。いくらかかるか、先に計算しておいてください。業者によってもかかる費用は違うので、よく比較検討しましょう。利点と注意点をしっかりと理解してから、墓じまいを行ってください。お墓をどうするべきか、親族でよく話し合いましょう。

人が墓じまいをする理由

近頃、テレビなどで「墓じまい」が話題になっています。近代化が進み、核家族化が進んだ今の日本人の中で問題になっているのが「墓じまい」。昔は家族みんなが地元に住んで、代々お墓を受け継いでいくというのが主流だったのですが、現代では成人した子供が故郷を出て、実家から離れた遠い場所で家庭をつくって暮らしていくということが普通の時代になりました。そうなると、ただお墓参りをするだけでも1日がかりの大仕事になります。若いうちなら遠距離の移動でも、まだ体力があるので問題ないですが、年をとると足腰の筋力が衰えてきてお墓参りに行くだけでも辛い、という方も多いようです。また、娘や息子がいなかったり、いても継承を拒否されて継承する人がいない場合もあります。お墓を継承する人がいないと、そのお墓は無縁墓として扱われ、墓地の管理者に処分されることになります。無縁墓が処分されると中の遺骨は無縁供養塔という所に集められ、他の無縁仏の遺骨と一緒にされて混ざってしまうので、そうなってしまうとあとから遺骨を取り出すことが不可能になってしまいます。ですので、無縁墓になる前に墓じまいをして遺骨に帰ってきてもらい、自宅で手元供養ができるようにする方が増えているようです。

CONTENTS

墓じまいには利点があります

墓じまいというのは、メリットがあるからこそ行うわけです。つまりは、もう墓が負担にならない、ということになります。もちろん、墓を大事にしている人が多いのですが、それでも加齢など…

more...

墓じまいの注意点とは

墓じまいはそこまで難しい行為ではないのですが、それでもいろいろとやることはあります。そもそも先祖代々の墓であれば親戚などの許可も必要になってくることでしょう。しかし、他に親戚…

more...

墓じまいにおさえておきたい要点

墓じまいをするときにはいくつかの要点がありますから、よく覚えておくとよいでしょう。まず、一度やりますともう、元に戻すことができない、ということです。また、墓を終えてしまう、と…

more...

無縁仏になるまえに墓じまいを考えよう!

墓地に行くと必ずといっていいほど、古くなった墓石が積み上げられてる場所を見ることが出来ます。いわゆる無縁仏と言い、大都市の霊園では約10%以上はあると言われています。人は亡く…

more...